読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム廃人の隠れ家

ゲームに人生をささげている人が好きなものについて考えるブログ

「ゴーストリコン ワイルドランズ」レビュー

さて....とうとう発売されたゴーストリコンシリーズ最新作

ゴーストリコン ワイルドランズ」f:id:Ana_Gsol00:20170224031152j:plain

クリアしてボリビアを解放したからレビューをしていきたいがまず最初に一言申したい。

「どうしてこうなった?」

私自身、今作はかなりの期待作でした。そして発売してから時間を忘れるほど今作を楽しんでたのも事実です。でも今作を一通りプレイした後に思ったんですよ。

「これディビジョンの再来だ」

こう思っちゃった私はもうがっかりでしかないです。

UBIのゲーム史上最大のオープンワールドを搭載したゴーストリコンがなぜこうも私をがっかりさせてしまったのかを含めレビューしていきますよ!

 ゲームとしては決してクソゲーではない

がっかりしたと書きましたがゲームとして今作は決して悪いゲームではないです。シューターとしての基本はしっかりしていて、ゲームプレイの流れも無駄なところがないとまでは言いませんが、プレイヤーに攻略の自由を与えるための工夫は凝らしてありました。毎回同じようなプレイが成されないようにステージは広すぎない程度に広く、それであってどれも同じようなステージが存在しないように作られていて毎回新鮮なステージ構成で楽しかったですね。

そして今作を語る上では外せない要素として「ガンスミス」が挙げられますが、その要素も銃器がお好きな私にとっては燃える内容でした。このガンスミスについては前に記事でちょっと説明してるのでここでは説明しませんが、前作から引き継がれた要素として大きな変化というのはありません。とはいえ数多くの銃器を自分の好きなように改造できたのは楽しかったです。

 

ana-gsol00.hatenablog.com

 

ゲームプレイは悪くないとはいえ作業

ゲームの流れとして今作ではまず特定の場所でボスを倒すための情報を集め、それをもとにボスのもとにたどり着くためのミッションを遂行し、〆にボスを撃破するというのがゲームの基本的な流れとなります。

ですがこのミッションいずれもサクッと終ってしまうのが大半です。プレイヤーのプレイスタイルによるのでしょうが、15秒ほどで攻略できてしまうほどしょぼいミッションもあれば、自らがコントローラーを置いても攻略できてしまうことだってあります。(マジで)

そんなミッションばかりやらされていた私はもうクリアした時点で笑顔を失ってましたね。それだけでもある意味苦痛なのに私にとどめを刺してきたのが「スキル」という要素です。今作ではミッションをクリアしたり、レベルが上がった時に手に入る「スキルポイント」と道中で手に入る「資源」と呼ばれるものを消費してキャラクターの能力を高めることができるのですが、この消費アイテムを集めるのが今作で最もしんどいパートでしょう。ひたすらつまらない資源の回収のために資源を積んだトラックに車をぶつけていく作業。

これを全スキル解除目指して頑張って成し遂げた私からはこの言葉を送りたい。

「KU★SO★GA」

ゴーストリコンシリーズとしてどうなのか

ゲームとしては決してクソゲーではありませんが、シリーズとしてみたらどうなのか?

私の見解としてシリーズとしてはクソゲーであると言いたいです。なぜなら今作はゴーストリコンとしていままでのシリーズの良いところをほとんど殺したかのような出来だと思ってます。

ゴーストリコンとしての演出はすべてカットされるようになり、プレイにどれも迫力がなくなってしまっているのに加え、前作でお世話になった「シンクショット」という要素はもはやただ敵にマーキングを付けて「勝手に好きなタイミングで撃て」と言わんばかりに同時に撃ってくれません。中でもがっかりしたのが分隊員のマネジメント要素が完全に消え去ったのはほんとにショックでした。今作の特徴として自身の見た目も武器も改造できるのがかなりプッシュされるのですが、これを分隊員にもできたらと思うと残念でしかなかったですね。

ましてや今作ワイルドランズはそんな良いところを掻き消した映えるパートのないただのシューターとして出てしまってるのでシリーズとしてはクソゲーと呼ばざる負えないと思ってます。

ただ1つのゲームとしてクソゲーではないのでそこはご了承。

 

「UBIお前テストしたのか?」といわんばかりのバグと挙動

このゲームほんとにバグが多いんですよ。ただでさえも安定してないゲームである今作には挙動が安定してないどころかバグが影響してわけのわからないことが起き始めたり、進行不能になることもしばしばあります。バグとその挙動については説明するよりも見てもらったほうが早いのでこちらをどうぞ。

 

 絶対に面白くなれたゲームであるとともにこれから面白くもできるはず

このゲームぶっちゃけたところ設定とか面白いんですよ。敵の経歴とか道中の分隊員との会話だってかなり面白いんですよ。でもコアとなるゲームプレイが作業に感じられてしまったのは惜しいところです。なんなら今から作り直してもらっても構わないくらいです。プレイすれば絶対わかります。

「このゲームは絶対に面白くなれる」

だからこそこれからのアップデートで頑張ってほしいところ。今、私からはこれしか言えません。

5/10